<   2016年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

【お知らせ】本屋で散財と、ブログリニューアルのお知らせ

e0353560_10591418.jpg
先日までの、アプリからの投稿がなんだか変になっていたのでちょっと修正しました。
よくわからないけど、編集ボタンを押して保存し直しただけで、直ったようです(たぶん)。

今日からは、東京に戻って通常更新です。


TOP写真は、先日、娘を夫に預けて一人で六本木に行ったときの、戦利品(散財品?)。

最近の本の買い方は、
 興味のあるコーナーを順番に巡り、
 気になる本をネットで検索して、
 家に帰ってからポチ。
ということにしていたのですが、ついつい本屋で大量に買ってしまいました。
戒めを込めて、ブログにアップしてみました 汗。


、、、というのは前置きで、まあまあ重要?なお知らせです。

+ + +

突然ですが明日(までに)、ブログをリニューアルしようと思います。
わかりにくいカテゴリやらタグ付けが増えてきたので、ちょっと整理してみようかと。

そして、ブログタイトルも変えようと思っています。
「妄創リノベーション 住まいの12の備忘録」
から、
「住まいの12の備忘録」
へ。

もともとリノベーションメインのブログにしようと思って付けたタイトルだったのですが、
ご存知の通り、7割以上はとりとめのない日々の記録、、、。

ランキング順位が下がるとかgoogleで検索できなくなるとかあまり良くない噂も聞きますが、マイナーなブログなので今のうちに変えちゃいます 笑。
「妄創」っていう造語、結構好きだったのですが、変換で一発で出ないのもなんだかなーと思っていたので、、、。

アドレスが変わらないので大丈夫だと思いますが、もしリンクしていただいていて、飛べなくなってしまったらすみません。

カテゴリ分け・タグ付けも大幅に変えようと思っています。
カテゴリ分けをわかりやすくするために意味不明な投稿が少し続きますが、読み飛ばしていただければと思います 笑。
今後読みやすくなるはずなのでご容赦を。


短いですが、今日はこれにて。これから作業に入ります。
変えている途中も普通に閲覧できると思いますが、変な状態になったらすみません。

これからも宜しくお願いします!


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-29 13:42 | ●ごあいさつ | Comments(0)

【家具のコト】実家の家具コレクション?

本日は、実家のインテリアについて。

父親が家具とか椅子とかが好きなので、実家にはいろいろなデザイナーズ家具?があります。

建築の勉強をするまでは、家にこんなにいろいろあるとは知りませんでした。
今でも、よく知らないけど有名そうな家具だなーと思って画像検索してみたら、超有名だった!なんて家具が見つかります 笑

今日は、そんな一部のご紹介です。
でも散らかりすぎてて、ちょっと中途半端な写真が多いですがご了承ください 汗。

+ + +

まずは、有名な北欧家具。
e0353560_16305362.jpg

Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のワゴンです。
小さい頃、大きくて邪魔だなーと思っていた家具がまさかの巨匠の作品でした。
今は物置化していて、残念な状態でゴザイマス。


次は、ドイツの収納家具。
e0353560_16305385.jpg

interluebke(インターリュプケ)社の家具たちです。
1937年に、世界で初めてシステム収納家具を開発した家具メーカーだそうです。
(調べてみた 笑)

この家具、デカくて動かしにくくて、引越しで1度運び込むと、簡単には動かせません。
専用の引越し屋さん(家具屋さん?)が必要だとか。

本棚と食器棚の他に、各部屋に散らばってワードローブがあります。
e0353560_16305452.jpg

2つの扉を使った着物入れもあるので数え方は不明ですが、この細長い扉を1つとすると、9個も 汗。

今でも売ってるのかな?
インターリュプケは、この家具メインで家づくりをしないと使いこなせない気がします 汗。


最後に、ダイニングテーブルです。
e0353560_16305422.jpg

お米とか冷ましていてすみません。。。
こちら、低座イスと同様、天童木工です。
900×1800の大きいサイズ。
産まれる前から家にあるので、30年以上使っています。両親の結婚前からかも、、、?

テーブルの椅子は、全部違うメーカーのものが6脚ほどセッティングされています。
が、作者と名前がわからないものが多いので、今回は割愛します 笑。
お誕生日席には、臨時で娘の椅子が付いています。


まだまだご紹介できる家具はあるのですが、長くなるのでこの辺で(というか、いろいろな理由で写真が撮れません 泣)。

+ + +

いろいろな家具がありながら、残念なのが、実家にモノが多すぎること。
私たち兄弟の残置物が多いのもありますが(汗)、捨てられない性格の両親なので、散らかり放題。。。

モノが少ない空間に、余白を持って家具が配置されていたらカッコイイんだろうなーと思いながら、片付けようと働きかけることもなく日々過ごしています。

両親が元気なうちに、なんとかしないと後が大変になりそうです 汗。


ということで、実家の家具のご紹介でした。
自分で買っていないので、間違った情報を書いていたらすみません。

勝手に載せちゃったので、バレたら怒られそう 笑。

+ + +

毎日グータラ過ごしていましたが、ようやく明日東京に戻ります。
朝、姉宅にお邪魔して、その足で新幹線へ。
行きと同様、娘が大人しくしてくれると良いのですが。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-24 21:56 |  + 家具 | Comments(0)

【住まい方を考える】住み替えの記憶。

e0353560_16100257.jpg

TOP写真は、新幹線での1枚。
今日の内容とは関係ありません、、、。
文字ばかりになったので、娘の写真を載せてみました。

娘が東海道新幹線に乗るのは、なんと12回目!(片道1回と、カウント 笑)です。
でも、2人で乗るのは初めてでした。
半分くらい寝てくれて、起きてお昼を食べて、ちょっと遊んだら着いたのでラクでした。

名古屋から3列シートが全部空いたので、一丁前にシートに座っておりました。


さて、本題です。

実家に帰っていると、やっぱり思い出すのが幼い頃の記憶です。

本日は、私が住んできた家の変遷?を振り返ってみたいと思います。

文字だけ+長文になりました 汗。

+ + +

私は、大学2年から一人暮らし(正確には二人暮らし)をしていますが、それまでにも引越し経験が比較的豊富です。

今までで一番長く住んだ家は、8年間くらいかな?
転勤族ではないのに、同じ市内で引越しを繰り返していました。小学4年生のとき、同じ市内の西から東へ転校した経験もあります。

ということで、振り返ってみたいと思います。

①公団住宅
ここには生後3ヶ月までしかいなかったので、まったく記憶がありません。
姉が産まれる頃に買ったのだとか。
売って次の家に移りました。
格安で売ってしまい、バブルの恩恵は受けられなかったようです 汗。

②親戚の戸建
ここは、祖母の妹の家です。
仕事の関係で家を空けるので、住んでくれないかと言われたそうです。
小学3年生までここで過ごしました。
一部2階建ての広い家で、庭も広くて外で遊ぶことが多かったと思います。
ここでの記憶から、幼い頃は戸建が良いなーという思いもあります。
家の前の道でボール遊びをしたりしていました。

③祖父母と同居
祖母の妹が帰ってくるということで、次の家に移ることになりました。
家を探したそうですが、結局母の祖父母と同居することに。
2世帯住宅ではなかったので、一部増築して家を広くしました。
ここで、初めて自分の部屋をもらいました。
広い一室を棚で3部屋に区切る構成で、一人当たりは狭い部屋だったけど模様替えを楽しんでいました。

④4LDKのマンション
4年ほど同居して、祖父母の家を出ることになりました。
賃貸で、初めてのエレベーター付きマンションへ。
7階だったのに、エレベーターが怖くて階段で上り下りしてました 笑。

⑤今の実家
高校2年生のとき、今の実家に引っ越しました。
中古マンション(団地?)を購入し、今で言うところのリノベを実施。
姉は家を出ていたので、4LDKを3LDKにリノベ。
リビングが広くなりました。

⑥京都にて二人暮らし
2LDKのアパートへ。
兄とは違う大学ですが、中間地点に住んでいました。

⑦横浜にて社宅暮らし
初めての一人暮らし。
借り上げの社宅だったので新築で、トイレ洗面セパレートのワンルームでした。
家は広めで快適だったけど、立地が悪く不便でした。
駅前でしたがド田舎で、会社まで1時間ちょい、、、。

⑧結婚して最初の賃貸
入籍直前から、築50年!の戸建賃貸へ。
家賃が格安で駅・会社まで近く便利だったのですが、やっぱり寒い…。

⑨現在の住まい
ようやく、現在のマンションへ。


振り返ると、どこも思い出があって嫌いな家はなかったなーと思います。
そして、いろいろな形態?の家に住んでいたことに驚きました 汗。

+ + +

たぶん、こんな風に家を移り住んできた経験?から、「家を住み替えて暮らす」ことに抵抗がないのかなと思います。
今の家を買う時も、一生住み続けるつもりはなく、住み替える前提で売りやすい(と思われる)家を選んだので。

でも姉は結婚早々に家を建てたので、住み替えが嫌だったのかもしれません。
(聞いたことないので、憶測 笑)

+ + +

ということで、超個人的な回想記録でした。
次に住む家は10軒目なんですねー。

買い替えがうまくいくか不安ですが 笑
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-24 15:49 |  + 住まい方を考える | Comments(0)

【春休み】予定のない日々と、実家のアレコレ

本日は、大阪の実家から、アプリでの投稿です。

今回の帰省は、フランスにて研究中?お仕事中?の兄が一時帰国しているので、会うのが目的でした。
本日夜の便でフランスに戻ります。
週末に親戚で集まっていたのですが、保育所問題が勃発したので参加できず 泣、遅めの帰省となりました。

+ + +

兄とは年子で、学生時代2人で京都に住んでいました。課題にバイトに忙しかったので、そんなに家でくつろぐことはなかったですが、比較的仲良し兄弟だと思います。

一人暮らしはまあまあ長いとブログで書いていましたが、実際は二人暮らし歴5年、一人暮らし歴5年、くらいです。
説明がめんどくさいので、一人暮らし歴10年ほど、ということで。

+ + +

今回は、帰省していても兄は昼間出かけていたので会えるわけでもなく、のんびりと過ごしています。
ちなみに、兄の奥さんも今この家に住んでいて、まもなくフランスに引っ越す予定です。

ここは、大阪の郊外。
住んでいるのは古めの団地?で、外観がちょっと特徴的です。

綺麗な空だったので、なんとなくアップ。
e0353560_15232562.jpg


手すりより上には洗濯物を干してはいけないという決まりがあるそうで、なかなかキレイです。
丸いベランダが面白い。


家の中は荷物が多くてなかなか写真を撮るのが難しいです、、、。
頑張って撮ってみたものの、散らかり過ぎていたので白黒で 汗
e0353560_16445534.jpg

娘の仕業でもあります 汗

我が家にもある天童木工の低座イスが4脚あります。
ついでに、低座イスとセット?の低いテーブルが2つ!
ほかにも椅子やら家具やらが大量にあるので、写真を撮ることができたらまたご紹介します。

+ + +

中身の薄い投稿になりました 汗。
数日はこんな感じかもです。

明日は中学時代の友達と、久々に会ってきます!


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-24 14:55 |  + 街歩き・旅行記 | Comments(0)

【保育園】東京都某区、認証保育園に入れました。(1歳児4月)

e0353560_09272907.jpg
本日も、家ともインテリアとも関係ない投稿です。
関係のない方は読み飛ばしてください。

いきなりですが、認証保育園に受かりました!!
先日の投稿の翌日、ある園から内定の連絡がありました。
本当にびっくりです。
最悪3月末まで決まらなくて、もしかしたら育休延長!?と思っていただけに、すごく安心しました。

本日は、認証保育園に内定するまでの記録です。


認証保育園に内定しました。

まずは、決まった認証保育園について。

2歳までの低年齢児のみの保育園という残念ポイントはありますが、隣駅の駅前という便利な場所に決まりました。
自転車で10分弱で通えます。

ネックになるのは、やっぱり保育料。
月70,000円ほどかかります 泣。
ただ私の住む区は、認証保育園の場合助成金が出るので、10,000円〜30,000円(税額による)の補助があります。
あとは児童手当・会社の扶養手当を保育料に当てると月4万円?程度の自己負担、、、。
これならなんとかやっていけるかも、、、。


ということで、決まった園に預けるつもりです。

ただ、2年後には転園は確実。
2歳児や3歳児の枠は持ち上がりの子たちでなかなか空かないとも聞くので悩みます。
幼稚園の延長保育も視野に入れられるので、選択肢は広がるかもしれませんが、、、。

決まったら決まったで欲が出てしまって困ります 汗。


不承諾通知が来てからの行動

決まったのでサラリと書いていますが、不承諾通知を受け取った日は半泣きで検索して電話して、すごく疲れました。
ついでに夜も寝付けず 泣。

以下、保育園が決まるまでの行動です。

認可保育園の不承諾通知が来た直後から、認証保育園・認可外保育園・区役所に電話しました。
区役所への電話は、今後の相談も兼ねて。これで少し冷静になれた気もします。
ちなみに、不承諾通知が来たのは当日の正午くらいでした。
昼食中にリアルタイム検索で検索していたら、届いている人が増えてきてポストを見に行ったら届いていた、という感じでした。

通知が届いてから電話した数。
認証保育園:10ヶ所
認可外保育園:3ヶ所
区役所:1回
自転車圏内から、通勤経路内に範囲を広げて検索しました。

認証保育園は、7ヶ所は申込み終了(内3ヶ所は待機児童が100名ほど!)、3ヶ所は今からでも申込みを受け付けているとのこと。
認可外保育園は、1ヶ所が空きなし、2ヶ所が今からでも受け付けているとのこと。

申込みを受け付けていても狭き門なので、入れる確率は低いです。
申し込めるところは、書類の送付や、見学をお願いしました。
土日含めて、数日間は毎日予定が埋まりました、、、。


ここから、決まった保育園の話です。
認証保育園のうち1ヶ所だけ通知の当日・翌日のみ3次募集をしているところがあったので、速攻申込み書を書いて持って行きました。
募集人数2名という狭き門です。
先行基準は「書類審査」とのこと。
見学もしていなかった園なので、望みは薄いと思いながら提出。
提出時の受け付け番号が「5」だったので、すでに倍率2倍以上、、、。
提出の翌日も募集期間があったので、もっと倍率は上がっていたと思います。

決まれば、翌日夕方電話があり、なければ落ちているとのこと。
電話を取れなければ、次順位の人に順番が移る、と言われました。

そして、、、夕方電話がありました。
のに、私は気付かなくて取れませんでした 汗。
そしたら、夫のところに電話があり、無事内定しました!
よかったー。。。


という感じで、今年度の「保活」は終了しました。

でも保育料が高いので、ダメ元で認可保育園の二次募集には申し込みます(何もしなければ勝手に選考されるので)。

もう1ヶ所、認可外保育園で先着順で申込みを受け付けており、電話したときに申込み金を支払えば入園できそうな園がありました。
翌日見学をし、申込金を払って枠を押さえたのですが、そこはキャンセルしました。
今となればもったいなかったのですが、その時は必死、、、!

今からでも探せば空いてるところはありそうだなーという印象でした。


早めに決まった理由

ここから、ちょっと分析です。

不承諾通知を受け取って、すぐ行動したのが認証保育園に早めに決まった要因かと思います。

認証にも認可外にも申し込んでいなかったので、とっても焦って手当たり次第に電話したのが良かったのだと思います。
早めに電話したので、近くの認証保育園の三次募集を知って申し込めて、結果決まったのかと。
募集期間も短かったので、応募者数も比較的少なかった(はず)と思います。

既に他の保育園を申し込んでいて、結果を待っている状態だったらどこにも問い合わせず落ち着かない日々を送っていたのかと。

とはいえ、私の住む区は待機児童が2000人ほど出る予想だそうです。
どこにも入れなくて途方に暮れている方も多いと思います。
私が電話した中でも、数カ所ですが今週辺りまで募集している保育園はありました。
まだまだ人数が動いていると思うので、いろいろ電話してみてください!


認可保育園の二次審査の結果は待ちつつ、復帰に向けて動き出そうと思います。

+ + +

なかなか決まらなくて途切れ途切れに続くと思っていた保活のお話は、今回で一旦終了です。

これで4月復帰がようやく現実となりました。
やり残しがないように、残りの育休を楽しみ?ます!


ということで、今から実家に帰ります 笑

本当なら先週末に帰るつもりが、まさかの不承諾通知で行けなくなっていたのでした。

ブログはアプリからの投稿か、しばらくお休みするか、になると思います。


行ってきます!


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2016-02-22 13:54 |  + 働くお母さんの日常 | Comments(2)

【保育園】東京都某区、認可保育園入れませんでした。(1歳児4月)

e0353560_19175568.jpg
珍しく夜中(明け方?)の更新です。
眠れなくて、、、泣。
本日は、家ともインテリアとも関係ない内容ですが、保育園についてです。

先日、認可保育園申し込みの結果が通知され、「不承諾(=落選)」となりました。

いろいろリサーチして、この地域なら認可保育園に入れそうだと踏んで、認証保育園等にも申し込んでいませんでした 泣。
直近の未来が読めなくなりましたが、この感情を忘れないうちに私の経験と感想を書いておこうと思います。

長文ですので、関係ない方は読み飛ばしてください。
ご興味のある方はどうぞ。

※ちなみに、
 認可=国が定めた基準を満たす園。校庭が広いなど
 認証=東京都独自の基準を満たす園。
 認可外=認可・認証意外の園)
 という区分です(たぶん)。


現状と落とし穴

まず、私の現在の状況です。
・フルタイム共働き、夫婦共に正社員。
・親戚は遠方、娘は第一子、認証保育園等には預けていない。
ということで、点数は「満点」です。
兄弟がいたり、有料でどこかに預けていたりしたら「加点」がつきます。

私の住む区は、保育園激戦区と名高い世田谷区ではありません。
去年度の待機児童数は少なめでしたが、おととし以前は待機児童数トップクラスだった区です。(よくよく調べれば、区がバレそうです 汗)

ただ、住んでいる場所の周りは1歳児からしか入れない園が多数で、0歳児クラスからの持ち上がりがないので比較的入りやすい地域だと思います。
申し込んだ園(第6希望まで)の1歳児の定員の合計は、91名でした(多!計算してみてびっくり、、、)。
(←落とし穴①)

そして、事前に区の窓口に希望園の過去実績を問い合わせていました(過去4年分)。
結果、近くに「第一希望で満点(加点なし)」で入れる保育園が3園あり、うち1園は「満点」であれば全員入っているという事実が判明。
(←落とし穴②)

あとは、同じ点数で同じ希望順位なら、収入の低い方が入りやすいとのこと(年収(月収)なのか、課税価格なのかは聞き忘れました、、、)。
我が家は共働きの標準くらいかと思っていますが、どうなんでしょうか、、、
(←落とし穴?③)

この情報で、私の保活は終わった(=受かった)と勘違いし、現在の宙ぶらりんの状態に至ります 泣。
都市伝説的に噂されている、「区の職員への根回し」やら「希望園に足しげく通う」といったことはしていません。


不承諾通知とその後

不承諾通知がきた段階で、区に今年の状況を問い合わせました(=これからどうしようかという相談も兼ねて。クレームではないです 笑)。
点数までは教えてくれませんでしたが、申し込み者数何名で、うち第一希望者数が何名かを教えてくれました。

結果は、申し込んだ園全てで、第一希望者数で定員オーバー。
どこを第一希望に選んでいても入れなかったかもしれないと、ちょっと安心。
、、、安心?

ただ選考は第1希望だから入りやすいのではなく、点数順に高い方から入れていくと事前に聞いていたので、第一希望者の中に低い点数の人が多ければ入れる確率は高くなります。
例: 23点の第6希望と22点の第1希望なら、23点の方が有利。

が、そこまでは聞けませんでした。


通える園を探す

と、ここまでは認可保育園の「保活」状況です。

ここからは、今の状況。
とりあえず不承諾通知がきた段階でとても焦って、見学だけしていた認証保育園や初めて電話する認可外保育園に片っ端から電話しました。
(大人数の飲み会の幹事で、店が取れなくて片っ端から電話している感覚でした 笑)
認証も認可外もほとんどの保育園の申し込みは締め切っていると思ったのですが、意外にもこれから申し込みを開始するところもありました。

申し込みができるところは申し込みし、見学できるところは今から見学してきます。
「2歳までしか預けられないからナシ」「雰囲気が好きじゃないからナシ」なんて上から目線で区別していましたが、今では受け入れてくれるならどこでも行きますよ!という気分です。

通知を受け取ってからいろいろ行動して、少し冷静になれたのでブログを書いていますが、直後はもうパニック状態です。
入れると思い込んでいただけに、なおさら、、、。

ということで、現在妊娠中や0歳児を育てていて、1歳児4月で復帰しようと思っている方へ。
申し込み金で認可保育園の発表前に枠を抑えられるところを見つけておくことをお勧めします。
または、早めに有料でお子さまを預けて働いておくことをお勧めします。

有料で預けるといっても、1歳になってからでは枠がないので、0歳児4月には入所しておくしかないのかな、、、。
認証なら仕事を休んでいても退園にならないところもあるので、0歳児4月に申し込んで、認可保育園申し込み直前に復帰して仕事して点数上げて、認可保育園を有利に申し込むのか、、、?
70,000円(保育料/月(仮))×12ヶ月=96万円!!!
お金がもったいない、、、。


グチなど

「待機児童問題」は話には聞いていましたが、まさか自分がその一端になるとは驚きです。
(一応、1歳になりたてから申し込んでいるのですでに待機児童ですが、、、)
不承諾通知が来るまで甘く見ていました 汗。

働きたいのに、働ける職場もあるのに、預け先がなくて退社に追い込まれる人もいるのでは、と思ってしまいます。
少子化で子供が減るから保育園を作っても無駄になるという考えがあるなら、後々介護施設とかに転用できるような建物なり仕組みを作っておけば良いのに、と思ってしまいます。
あとは、保育士さんの処遇改善ですかね、、、。

でも、やっぱり当事者にならないと(当時者になっても!?)声をあげようと思わないです。それが’若い世代の弱いところなのか、、、。。
とりあえず、選挙行きましょう!
(とか言うのは今だけなのかしら。一応毎回選挙は行ってますよ!)

私はなんとか仕事を続けられるように、今から認証・認可外等々、必死で探します。
ブログの更新が滞るかもしれませんが(気晴らしに書いているかもしれませんが)、応援?よろしくお願いします。

長くなりましたが、「認可保育園落ちました」の記録でした。
一応、3月に認可保育園の第二次選考がありますが、希望はほぼゼロ、、、。

今後どうなるかは、また随時記事にしたいと思います(興味のある方だけどうぞ 笑)。
フェードアウトしていたら、お察しください 泣。


教訓

教訓①
情報(過去実績)を過信しない。その年によって状況は変わる!

教訓②
やっぱり保活は早めの行動が大事!
「妊娠中から」と聞いてはいましたが、先着順の場合もあるので、早め早めの行動が大事です。

教訓③
選り好みしないで、申し込めるところは全てしておく!
(第一希望に通っていても、不満は多々あるそうです 姉談。)


なんだか支離滅裂な文章になりました。
こんなこともあるよ!という参考にしていただければと思います 泣。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2016-02-20 05:16 |  + 働くお母さんの日常 | Comments(0)

【収納法】キッチンの吊り戸棚、謎の開き戸とカレンダーの話。

e0353560_16304896.jpg
本日も、キッチンの釣り戸棚について。
我が家のキッチンには、昨日記事にした開き戸の他に、2つ開き戸が付いていました。

その2つの開き戸のお話です。

+ + +

TOP写真でお分かりかと思いますが、、、換気扇のすぐ横に細長い開き戸が付いています。
何に使っているかというと、、、
e0353560_16332105.jpg
ラップ類の収納でした。
見えていないけど両側ともに壁がついている、幅11cmのせませま収納です。
トレーを立てて入れるには中の梁が邪魔で、ラップ以外の活用方法が見つからなかったです 泣。

ちょっと工夫していて、ラップを取りやすいように牛乳パックで棚を作りました。
e0353560_16362539.jpg
幅ぴったりに作ったので、1本出し入れしても他のラップ類がずれないので便利。
これを使っていなかったときは、たまに雪崩が起きていました 汗。

ラップは見た目派手だけど、ポリラップがお気に入りです。
粘着力は弱めだけど、薄めが好みなので。そして、うれしい100m巻き!


細長い開き戸、もうひとつあります。
e0353560_16381559.jpg
わかりにくいのですが、換気扇の右隣。
ここは日常的に全く使えないので、普段使わない調理器具やお箸類を入れています。
1年間使っていないもの多数なので、そろそろ処分しないとなー。

以上、我が家の吊り戸棚の全貌でした。

+ + +

ここからは、キッチンと関係なくカレンダーのお話です。

以前、可愛いハンコを押したカレンダーを作った(過去記事→)のですが、日常的にカレンダーが見えるとやっぱり便利なため、シンプルなものを作りました。
エクセルで作ったカレンダーです。
e0353560_16495544.jpg
あまり貼りたくないけど、冷蔵庫に貼っても主張しないので気に入っています。

このカレンダーはとっても便利で、上の年月を変えると自動的に日付が変わってくれます。
e0353560_17005851.jpg
マイナーな古いエクセルを使っていますが、こんな便利な機能あったんだなーと感心しています。
祝日だけは薄い色に変えていますが(方法ありそう、、、)、「土日は色を薄く」という設定をしているので、勝手にグレー表示になります。
いやー便利ですね、エクセル。

ネットで検索しないと使えませんが 汗。
ネットの数式丸パクリですが 汗汗。
数式とかほとんど使った事ない、、、

ゴミの日は、忘れやすい不燃ゴミの日だけハンコを押すことにしました。
シンプルに、「ふ」のハンコ 笑。
e0353560_17074802.jpg
吉祥寺の36(サブロ)さんのひらがなハンコです。
学生時代に京都に出張?に来ていて、一目惚れして購入しました。

上京して吉祥寺に行った時も、かわいすぎてテンション上がりまくり!
最近ご無沙汰ですが、また行きたいなー。
子連れは厳しいかな、、、。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-18 17:20 |  + 収納 | Comments(2)

【収納法】キッチンの吊り戸棚、試行錯誤前の記録、、、

e0353560_16130037.jpg
我が家の収納の中で、唯一公開していなかったキッチンの吊り戸棚。
収納でやってはいけないポイント多数なので、反面教師的に記事にしました。

真似してはいけません。
いつか使いやすく整ったafter記事が書けることを願います、、、。

+ + +

まずは全体像です。
e0353560_16134674.jpg
とんでもない吊り戸棚ですね、、、。
改めて写真に撮ると、ひどすぎる 泣。

しかもこの上段は、こんなことになっています。
e0353560_16190342.jpg
内部に梁があって、ものを入れる場所が追いやられています。

A4タテのファイルボックスも、無印良品の引き出しも入りませんでした 泣。
私の好きな無印良品のメイクボックスを置いてみると、入るけど無駄な空間ができるので微妙でした。
e0353560_16302826.jpg
でも収納容器で整えるならこのメイクボックスかなー、、、。

+ + +

ここから、やってはいけないポイントです。

やってはいけないポイント①
種類の違う食器類を、奥行きの深い棚に並べる。
e0353560_16543288.jpg
やっちゃってますねー。
しかも違う種類の食器まで重ねてしまっています。
トレーとかに入れて奥のものを取り出しやすくすれば良いそうなのですが、使いにくそうで実行せず 汗。
その前に、食器のテイストを整えたい、、、。


やってはいけないポイント②
箱の積み重ね。
e0353560_16560134.jpg
やっちゃってますねー。
上の箱を取らないと下の箱が取れない、悪い見本です。
ついついちょい置きをして、結果こうなっています。
入居当初はもう少し取り出しやすかったはずなのですが、、、。


やってはいけないポイント③
中身のない箱も保管。

やっちゃってますねー。
グラスとかが入っている箱もありますが、ほぼ出しっぱなしの道具類です 汗。
使わない箱は処分しないと、と思いながら、引っ越しのとき便利だし、、、となかなか踏み切れない自分がいます。
処分しないと。

+ + +

さんざんな収納となっていますが一応フォローしてみると、毎日の食卓で使うものは下の段の一番手前に置いています。
なので、普段の食卓にはあまり不便がありません(なので、なかなか見直さないのです 泣)。

上の段に置いているものは、スペースが空いていたのでここに収まった感じ。
普段使いしにくい上段なので、まあいいかと思って置いています。
(じゃあ捨てましょう、と言わないでください。。。)


という言い訳はこのくらいにして、使いやすい収納に改善していきたいと思います。
キッチン全体の収納を見直して、分散している食器をまとめたり使わないものを処分したり、、、。

そして、今年こそオサレな食器に手を出したいと思います。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-17 17:13 |  + 収納 | Comments(0)

【飾り付け】雛人形を飾りました。

e0353560_13564801.jpg
すっかり忘れていた雛祭り。ようやく雛人形を出しました。
本日は、我が家のなんちゃって雛飾りのご紹介です。

+ + +

我が家の雛飾りは、こちらです。
e0353560_13405460.jpg
、、、手ぬぐいです 笑。

娘が生まれて去年初節句を迎えたのですが、ちょうど雛祭りの翌日に引っ越しを控えていたため、母が気を利かせて荷物にならない雛人形を贈ってくれました。
このアイデアに脱帽。

今年も購入を検討することもなく、去年の飾りを引き継ぎます。
もしかしたら私が子どものころに飾っていた雛人形を送ってもらうかもしれませんが、収納場所に困るので検討中、、、。
遠目で見たらけっこう立派な雛飾りに見えるのが不思議です。


飾っている壁はコンクリートなので、手ぬぐいは両面テープで止めました。
e0353560_13480995.jpg
手ぬぐいを挟んで掛け軸風にできるキット?も一緒に贈ってもらったのですが、今年は掛けずに直接壁に貼り付けました。

全体像はこちら。
e0353560_13580145.jpg
クリスマスツリーを飾った壁(過去記事→)に貼りました。

+ + +

こちらは去年手ぬぐいを贈ってもらう前に購入していた雛人形です。
e0353560_13524550.jpg
玄関に飾ってみました。
e0353560_13530375.jpg
ちっさ!!!


指先サイズのミニミニ雛人形でした。



娘の物心がついたころには、もう少しまともなものにしようかな、、、。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-16 14:04 |  + 飾り付け | Comments(0)

【収納法】調味料の3段階収納法

e0353560_18592455.jpg
大げさなタイトルになってしまいましたが、、、本日は調味料の収納について。
調味料というか、塩・砂糖・小麦粉・片栗粉限定ですが 汗。
料理でよく使うこの4種の調味料は、我が家では3段階で収納しているなと思ったので記事にしてみました。
他の調味料とか乾物とかは、コンテナ収納を除いた2段階収納です。

見た目は置いておいて、この仕組みはいろいろなところで使いまわせそうなのでご紹介します。

+ + +

3段階収納法、ざっくりと説明してみるとこんな感じです。
e0353560_17403590.jpg
①日々使うものは、使いやすいコンテナ容器へ移し替え。
②封を切ったものは、背面の食器棚パントリーへ。
③買い足したら、パントリー横の木箱へ。


ちょっとわかりにくいので塩・砂糖に比べると頻度は少ないですが、、、小麦粉で説明してみます。

①使いやすい容器へ移し替え
e0353560_17470018.jpg
一番手に取りやすい食器棚の上に、持ちやすいコンテナに入れ替えて置いています。
小麦粉の登場回数は少ないですが、、、ホワイトソースを作ったりするときに料理の最中に片手で取れるのが便利です。
塩・砂糖はほぼ毎日使うので、このコンテナは使いやすいです。

コンテナはsarasa design storeさんのもの。
350ml入るサイズで、小麦粉だと250g分ぐらい入ります。

6個使用中↓


②コンテナに移した残りは食器棚パントリーへ
e0353560_17494388.jpg
封を切ったものは、背面の食器棚パントリーの中で保存しています。
冷蔵庫収納が良いと聞いていますが、、、冷蔵庫に場所がありません 泣。

食器棚パントリーでは無印良品のメイクボックスを使っていますが、チャックの付いているものもジップロックに入れてから収納していました。
が、やっぱりめんどくさくてチャックのものはそのまま入れています。
小袋のものだけ、行方不明になるのでジップロックに入れて収納。


③買い足したら、木箱の中へ
e0353560_18015218.jpg
残り少なくなって買い足したものは、封を切るまで木箱に入れています。
木箱の位置付けは、新品のストック置き場。
なくなりかけて買ったかどうか忘れることが多いので、まとめて新品置き場を作りました。


以上が、3段階収納法になります。
名前負け 笑。

乾燥わかめとか春雨とかパン粉とか、、、コンテナに移し替えていないものは木箱→食器棚パントリーの2段階です。

+ + +

塩とか砂糖とか小麦粉とか、、、全てケースに移し替える美しい収納にも憧れるのですが、使うとき重くないのかなと思ってしまうのです。
砂糖大さじ1必要なのに、1kgの容器を持ち上げるってけっこう辛いような、、、。
と思ったのがきっかけで、今の3段階収納法に落ち着いています。

乾物も他の調味料もお揃いの容器に入れ替えたら綺麗だろうなと思いながら、まだ我が家でよく使う食材が決まっていないので容器の数が定まらず、、、。
そもそも移し替えるべきかどうなのか、、、と堂々巡りしています。

全部瓶に移し変えて、ズラリと並んでいる感じも好きなのですが、とりあえず日々の料理のことを考えて効率的に調理できるように改良していきます。

+ + +

昨日はバレンタインデー。
私の好きなブールドネージュを作りました。
今年は夫だけにしかあげていないので、ラッピングらしいこともしないでお皿に盛り付けました(適当すぎて、写真なし 汗)。

けっこう良い出来だったのに、これからは毎年買ったチョコが良いとか言われました 怒。
(一応、作る前に言われたのですが。)

来年からは自分が食べたいものを買ってやる!


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
by sumai12-091 | 2016-02-15 19:56 |  + 収納 | Comments(0)


リノベーション、住まい方、暮らし等々について備忘録を兼ねて綴っています。最近、ワーママネタはじめました。


by 091

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
●ごあいさつ
●生涯続ける、家づくり
 + 築20年、55平米のリノベーション
 + 理想の家づくり
 + 住まい方を考える
 + 妄創リノベーション
●居心地の良い、部屋づくり
 + 家具
 + 雑貨・道具
 + 収納
 + 飾り付け
●思い立ったら、物づくり
 + 針仕事
 + 木仕事
 + 紙仕事
 + 手仕事
●雑記
 + 時短家事
 + 買物録
 + 街歩き・旅行記
 + 日々のきろく
 + 働くお母さんの日常
未分類

タグ

(55)
(30)
(29)
(24)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月

記事ランキング

ブログ村へのリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログジャンル

建築・プロダクト
子育て