<   2015年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

【素人DIY】トイレの飾り棚 × 椅子コレクション

e0353560_17294805.jpg
入居時のリノベーションでは全く触らなかったトイレ。
(の予定が、施工者さんのミスで壁紙を張替えてくれました。タダでやってくれたので結果オーライ。)
前の所有者さんが4年前くらい?にリフォームしてくれていたので、そのまま利用しています。
便器と手洗いカウンターは、LIXIL社製。便器はSATISです。

ただ、面白みのないトイレだったので、少しDIYすることにしました。

と言っても、飾り棚をつけただけ。
IKEAの飾り棚「RIBBA」(¥399!)を買ってきてつけました。

壁に下地がないところだったので、石膏ボード用のアンカーを使って設置。
強度が不安ですが、飾り棚程度なら大丈夫かと思い取り付けました。

近くのホームセンターで購入。


出来上がりがこちら。
e0353560_17311372.jpg
なんだかポップな感じになりました。


椅子は、夫が独身時代に買っていたもの。有名な椅子ばかりです。
前の家では飾る場所がなく、2年ほど眠っていたものをお披露目。
並びきらなかった椅子がまだまだあります 汗

トイレにいくたび少しテンションが上がります。
掃除のことは考えたくありません。。。

+ + +

DIYの小ネタをひとつ。
垂直を揃えたいときの便利な技です(常識だったらすみません)。
水平器という便利な道具もあるのですが、我が家にはなかったので
糸+おもりでガイドを作成。
e0353560_17320150.jpg
薄いけどわかりますか?

黒い糸をマスキングテープで貼って、下におもりを吊るしています。
手元にあったのがS字フックだったのでおもりにしましたが、本来は5円玉とかが良いようです。
黄色はマステです。かべの下地の位置とかを探した名残。

垂直を揃えたい時に便利な技のご紹介でした。

+ + +

e0353560_17340759.jpg
狭いトイレですが、楽しい空間となりました。
おむつ用のゴミ箱が邪魔。。。

気に入っていただけたら、応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-28 17:40 |  + 木仕事 | Comments(0)

【キッチンのコト】古いキッチン × 水栓DIY

e0353560_16414198.jpg
キッチンネタが続いているので、ついでに、我が家の流し台も大公開。

リノベーションしていないので、20年モノ。
吊り戸棚と流し下の収納は、レトロな木目調の開き戸です。
リノベーションするか一番迷ったのですが、コストとの兼ね合いで無しとなりました。
一応、システムキッチンなので(懐かしのNational社製)、カウンタートップは白で、コンロもビルトインなのですが、なんせ狭い。
幅1.8m。いわゆるミニキッチンです。しかも、引き出しは小さいのが一つだけ。
壁を取っ払ったので「キッチン」という部屋はなくなりましたが、もともと2.7畳程度でした。狭い。

+ + +

その狭いキッチンを使いやすくするために考えたのが、
①水切りかごを流し台の外に置く。
②流しの後ろ側にカウンタースペースを作る。
③よく使う道具は仕舞わない。
の、3点でした。

①水切りかごを流し台の外に置く。
食洗機がないので水切りかごが必須なのですが、狭いキッチンなので置いてしまうと作業スペースがなくなってしまいます。
そのために、ワゴン(IKEAのBYGELを使用。格安!)を買って、置き場所を確保しました。
e0353560_16562753.jpg
水切りかごは、2段のを使っています。
そして、ほとんど自然乾燥。。。次の食器を洗う前に片付ける感じです。
水が流れるタイプが欲しいのですが、前の家では使っていたのをそのまま継続して使っています。(たしか、)近くのホームセンターで購入しました。

②流しの後ろ側にカウンタースペースを作る。
過去記事参照。
この作業スペースの使い勝手は最高です。
切った野菜や出来上がった料理などの一時置き場として大活躍しています。

③よく使う道具は仕舞わない。
ごちゃごちゃするので嫌だったのですが、収納スペースがなく
軽量カップや菜箸などは吊るす・置くを併用して見せることに。
e0353560_17011785.jpg
布巾・洗剤・おたま・軽量カップ・菜箸等々が並んでいます。
生活感満載。オサレな布とか飾りたい。

+ + +

リノベーションしませんでしたが、試行錯誤した結果このサイズのキッチンは使いやすいという結論です(今のところ)
広すぎるキッチンは歩く歩数も増えるので、料理上手ではい私としては、このサイズで十分。
二人で料理する時は少し狭いですが、多くても月2回程度なので問題無し。
嫌になったらリノベーションしようと思っていたキッチンですが、しばらくこのまま使い続けそうです。
唯一、木目調の扉が気になるので、扉だけ替えようか迷い中。

+ + +

このキッチン、1箇所だけDIYしました。
それは、水栓です。水が出るところ。

水栓が古く、下に下げると水が出るタイプだったので、どうにもイライラするので替えることにしました。
小ネタをひとつ。阪神大震災のときに、上から物が落ちて水が流れ続ける事象が発生し、下にすると止まることで統一されたそうです。そうなっていないのは、震災以前の古い水栓だそうです。(でも、INAX製はもともと下で止まるとか。)

水栓って変えらるの!?と思いましたが、意外と簡単で2時間くらいで完成しました。
海外製にチャレンジする勇気はなく、LIXILのシンプルなものに変えました。シャワーの切り替えがあるタイプ。

before
e0353560_17340490.jpg
after
e0353560_17341706.jpg
Amazonで頼んだら普通に届き、工具は買い足しましたが、古いのを外してつけるだけの単純な作業でした。
ネットでDIYしている人の記事を調べまくって作業。映像のもありました。
古い水栓を外す方が大変でした。
(とか言いながら、ほとんど夫にやってもらいましたが。。。)

そんなこんなでピカピカの水栓に生まれ変わりましたとさ。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-27 18:07 |  + 木仕事 | Comments(0)

【食器棚の収納】毎日使う食材・調味料のこと

e0353560_11395305.jpg
今日は、前回の記事に写り込んでいた小物の話をしようと思います。

+ + +

同じような写真で申し訳ありませんが、
食器棚の上2段の写真。
e0353560_15134862.jpg
1番上には、インスタント食品など。
2段めには、コーヒー(の道具)・紅茶・よく使う食材などを入れています。
無印良品のブリ材のバスケットを利用。


棚の下2段の写真。
e0353560_15140727.jpg
3段めには、常温保存の根菜類・娘のミルクなど。
4段めのカウンター上には、調味料・トレーを置いています。
DIYのカウンターと棚は、横着して塗料等を塗らなかったので、汚れ防止も兼ねてKINTOのトレーを配置しています。
(毎日大大活躍!)

360×280サイズを使用。

+ + +

調味料コーナーについて。
古いキッチンはとにかく収納スペースが大雑把?なので、スパイス入れなんていうものはありません。
なので、前の家から使っていたスパイスラックを使用しています。
e0353560_11400338.jpg
左側は、sarasa designさんの、スパイスラックタワー。
スパイスコンテナは、4つだけ使っています。

シンプルなデザインが好き。

左から、小麦粉・塩・片栗粉・砂糖。
小さいので、入りきらなかったストックは別に保管しています。
いつかご紹介できるでしょうか。。。
コンテナを増やして、輪ゴムやクリップを入れようかなと計画中。

右側は、液体調味料です。
左から、酒・酢・醤油・薄口醤油・みりん。
みりんの色が濃いのは、もともとです。古いわけではありません。。。
使用しているボトルは、オイルボトルなので少々液だれしますが
見た目が好みなので良しとしています。

私は212 KITCHEN STOREで買いましたが、こちらにも。


調味料関係は、今のところこの形で落ち着いています。
液体調味料は冷蔵庫保存が基本ですよね 汗

+ + +

本棚や食器棚を記事にすると、我が家には見せる収納が多いですね。
昔住んでいた家を思い出しても、隠す収納はほどんどなかった気がします。

本当は、棚にはオサレな食器を飾ったりする予定だったのですが、生活感満載になってしまいまいした 泣。
ディスプレイがまだまだなので、もっと腕を磨きたいと思います。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-26 12:55 |  + 収納 | Comments(0)

【食器棚のコト】Rekit × 素人DIY(2015.09.30追記あり)

e0353560_17142213.jpg
本日は、食器棚について。

我が家のキッチンは、激セマです。
なので少しでも使いやすくするために、試行錯誤した結果をお伝えします。
図面を見たい方はこちら→

流しの手前から、後ろの壁まで1.2mほど。
家事スペースを考えると、奥行き40cmまでの家具しか置けないという結論に。
ここにレンジ等の家電も置きたい、食器も置きたい、ゴミ箱も置きたい、作業スペースも欲しい…と要望は尽きません。

このスペースに置く食器棚を探してネット上をウロウロしましたが、良いものが見つからず。
結果、「既製品 × DIY」にたどり着きました。

+ + +

まずは現段階の写真を。
本棚と同様、モノが多いですね。。。
こちらは、上部。
e0353560_15011417.jpg
こちらは、下部です。
e0353560_15012653.jpg


+ + +

下部の食器棚は、Re:CENOオリジナルのキッチン収納シリーズRekitです。
無印の食器棚がよかったのですが、お値段の関係でこちらに 泣

シンプルな家具が揃っています。

ガラス戸と板戸を使用。
天板は、1.6m幅がよかったので、ホームセンターで購入しました。

上部の収納は、ホームセンターで買った板を使ってDIYしました。
金物で壁に取り付けるだけの簡単DIYです。


+ + +

家電コーナーには、上段に炊飯器、コーヒーミル、ミキサー、コーヒーメーカーを。
その下に、電子レンジ、電気ケトルを置いています。
e0353560_15163618.jpg
棚の高さは、電子レンジの高さと、コーヒーメーカーのふたの高さで決めました。
幅も、持っている家電を配置して、測って決定。
コーヒーメーカーは、結婚祝いに友人からもらったデロンギ社製です。

+ + +

キッチンを設計する上で、気にしないといけないのがゴミ箱。
狭いながらも、隠せるように頑張りました。
e0353560_16085020.jpg
食器棚の間に、左に資源系、右は可燃系のゴミ箱を設置。
資源系はダンボールで手作りしました。。。
上からカン・PET・ビン。可燃系は、LUCEの白いゴミ箱。

無駄を削ぎ落とした感じが好み。


資源ゴミは週1回、可燃ゴミは週2回の回収があるので、この量で十分でした。
キッチンで出た生ゴミは、一度小さい袋にまとめてからゴミ箱に入れています。

+ + +

食器棚Rekitについて、レビュー。
総合点としては★★★☆☆(星三つ)。
---
よいところ
・安い!
・組み合わせが自由。
・無駄な装飾がなく、シンプル。
---
いまいちなところ
・棚板が少ない。追加で買えたら良いのに。 →棚板のみの販売、ありました!2015.09.30追記
 (板戸の棚板1枚を、ガラス戸に増やして使っています。)
・取っ手が持ちにくい。
 (新製品の「NOANA」では改善!?)
・しめる時バタン!という。
 (市販のクッション材で改善しました。)
---

+ + +

なんだか駆け足なご紹介になりました。
なのに、長くなりました。。。

棚の詳細もご紹介したいのですが、またの機会に。


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-25 16:45 |  + 家具 | Comments(0)

【本棚の収納②】「趣味の本棚」と、本の選び方

e0353560_17432712.jpg
前回お送りしたのは、キッチン横の本棚(通称、「仕事の本棚」)。
記事はこちら→

今日は、もう一つの本棚をご紹介します。
通称「趣味の本棚」。
ダンボールハウスの記事にチラリと写っていましたが、
この際、公開してしまえ!ということで載せることにしました。


まずは、全景です。
e0353560_15355058.jpg
こちらもまだまだ発展途上。
「仕事の本棚」は、建築やら資料やら、仕事に関する本が主で、
「趣味の本棚」は、旅行・ものづくり・漫画等の本が主です。

どちらも、
①ジャンルを分ける。
②本の高さ・色を揃える。
③本の手前を揃える。
という手順で本棚を整理しています。

一番左上の棚は、図書館で借りた本と新しい本置き場なので、常に変化しています。
関係のないミシンやらゴミ箱(娘対策)も載っています 泣。

本の表紙とか見せたらいいんだろうなと思いながら、とりあえず整えた本棚。
もう少しディスプレイの技を磨いて、素敵な本棚を目指します。

ちょっと近景。
e0353560_15364745.jpg
・・・「仕事の本棚」の方が好みです。


+ + +

本の選び方について。

私は本が好きですが、ジャンルはかなり偏っています。
まず、小説はほとんど読んでいません。
ファッション誌も、ほどんど読んでいません。

好きなのは、写真が多いハウツー本?エッセイ?のようなもの。
読んでいて、真似したくなる内容が書いてある本を選んでいる気がします。
あとは、仕事にも関係する建築の本や、デザインの本。

大学時代の恩師に、「収入の1割は書籍代に」という教えを受け(「勉強せよ。」という教えですよ。)
本なら罪悪感なくお金を払う体質が出来上がりました。
建築関係の本は高いので、油断すると大変なことに。。。

とはいえ、全ての本は買えないので、
①買って、本棚に並べる。
②買って、読んで売る。
③図書館で借りる。
④電子書籍で読む。
の4つを併用して、本棚に並べる本を厳選しています。

①買って、本棚に並べる。
何度も読み返したい本。
今本棚に並んでいる本で、1回しか読んでない本は少ないのではと思います。
(夫の本は除く。)

②買って、読んで売る。
本棚に並べるのが恥ずかしい(!)本。
私の中では、自己啓発本とか財テク本が該当します。
(好きなんですけどね、自己啓発本。)
ある程度本が溜まったら、ブックオフ等に売ります。

③図書館で借りる。
買うほどではなくても気になる本は、図書館で借ります。
ネット予約がメイン。
人気本は予約数がすごいことになっているので、買う場合もあります。

④電子書籍で読む。
基本的には紙の本が好きですが、
漫画(ワンピースを買い続けてしまう…)とか小説(中学から好きなある作家さん限定…)は、
電子書籍です。

+ + +

人の本棚事情には興味ないかもしれませんが、
ここまで読んでいただきありがとうございました。

本棚にならぶ細々小物のご紹介は、またいずれ。


気に入っていただけたら、クリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-24 16:07 |  + 収納 | Comments(2)

【本棚の収納】「仕事の本棚」 × 無印良品のスタッキングシェルフ (2015.11.24追記あり)

e0353560_17240032.jpg
シンプルライフが大流行りの昨今ですが、
そんな暮らしと真逆でモノが多い我が家 泣。
家に連れてくるモノは厳選しているつもりなのに、
気がつけばモノがあふれています。

素敵ブログや本屋で見かけるシンプルな部屋に憧れながらも、
モノを捨てられないので、独自の心地よさを追求中。

本日は、そんな我が家の本棚の一部を公開しようと思います。
本棚ってその人の趣味思考が丸裸になるので、公開するのはとても恥ずかしいのですが、
写真を撮ろうと思わないと、なかなか片付かない。。。


というわけで、ほぼ全体像がこちら。
キッチンの真横の本棚です(通称、「仕事の本棚」)。
引きの写真はまだ撮れません 泣
本棚は、無印良品のスタッキングシェルフです(以前の記事→)。
e0353560_11224285.jpg
食卓の上に鎮座するパソコンが邪魔ですね。
使いやすくてこの位置に。。。

まだまだ発展途上中の本棚。
本棚の最上部には何も置きたくないし、
本の並びも納得いっていないところもあるし、
アクリルの引き出しのごちゃごちゃもイマイチ。。。と
気になるところは多いですが、本棚作りのポイントをまとめました。

+ + +

以下、本棚を整理する過程で気をつけたこと。
①ジャンルを分ける。
②本の高さ・色を揃える。
③本の手前を揃える。
の3点です。

①ジャンルに分ける。
建築・デザイン・ものづくり・料理・旅行などなど
持っている本をジャンル分けして納めています。
好きな本のジャンルは偏るので、まとめた方が探しやすいと思い、この方式に。
幸い、夫とも興味?が似ていて、同じジャンル分けで2人の本が混在しています。
結婚当初、同じ本が並んていることも多々ありました。

例外で、ジャンルを超えてまとめているのが
文庫本とA5サイズの書籍。簡易本箱を作成し、収納しています。
本箱の上は、飾り棚。 ざっくぅの破壊力がスゴイ…
e0353560_11130946.jpg
②本の高さ・色を揃える。
ジャンル分けしたら、ひとつの棚ごとに背表紙の高さを揃えて並べています。
色も、系統を揃えてなんとなくスッキリ。
ただし、見た目より内容を優先して並べる場合もあります。

③本の手前を揃える。
見た目をスッキリさせる勝手なこだわりです。
本棚の縁?と背表紙のラインを揃えること(上の写真でわかります?)。
奥行きが違う本でも、手前を揃えると整って見えます。

+ + +

ファイルメーターで測って本棚の必要量を算出しましたが、
断捨離で本を大量に手放したので、スペースに余裕が生まれました。

なので、もともと分散していた無印良品のファイルボックスを
まとめることができました。
中には書類やらモノやらがたんまり。
(いや、捨てましょうよ。。。)
e0353560_22382748.jpg



+ + +

最近の課題は、娘のイタズラ対策。
すでに本棚漁りは毎日のことですが、まだ破られる被害はなし。
対策を考えねばと思いながらも、本を拾う毎日です。

手の届く段には本を置かないという手しかないのか。
でも重い本は下に置きたい。

しばらく試行錯誤を続けます。

+ + +

2015.11.24追記
引きの写真を追加しました。
e0353560_14574899.jpg
リビングダイニングの全体像は、こちらから。
【実践リノベーション】家具入りweb内覧会①_リビングダイニング
【実践リノベーション】家具入りweb内覧会②_リビングダイニング2


応援クリック、お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-21 12:56 |  + 収納 | Comments(0)

【つくるコト】ダンボールハウス × ミナペルホネンのコットンブランケット

e0353560_17344155.jpg
昨日ご紹介した、天童木工の低座椅子
家に届いたとき、ダンボールに包まれていました。

思いついて作ったあるもの。
これはなんでしょう?
e0353560_11273496.jpg
そう。
子供たちの憧れ?、ダンボールハウスを作ってみました。

+ + +

作り方はとっても簡単。
切って貼るだけ。
e0353560_11551234.jpg
ヒドイ絵ですみません。

無料でできたし、短時間で完成。
なんともコスパのよい家となりました。


違う角度から。
椅子の絵がワンポイントです。
横向いてますが。
e0353560_12012734.jpg

真横から。
e0353560_12015191.jpg
背景の本棚が気になるところですが、
まだご紹介できる段階ではなく。。。
もうしばらくお待ちください。
我が家には写真映えする白い壁がないのです 泣

+ + +

クリッパンとのコラボのものです。
なんと偶然、屋根サイズとぴったり。(90cm×70cmの大きさです)。
e0353560_11584886.jpg
色も柄もかわいいし、使い勝手も良いし、お気に入りの一品です。
普段は娘のプレイマットになっています。

+ + +

ダンボールハウスについて、肝心の娘の反応はいまいち。。。
色がないから面白くないのかなーと思い、リノベ?を計画中。
この家は、まだまだ進化します。
ガーランドなんか飾ったりして。
内側の壁もいろいろしたい。

楽しみは続きそうです。


にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-20 12:51 |  + 紙仕事 | Comments(0)

【ソファのコト】天童木工の低座椅子 × SOU・SOUの生地

家づくりの段階から、迷いに迷っていたソファ選び。

結婚当初から探していたのですが、
良いものは高く、妥協できるものでも購入には至らず。

結果選んだのは、天童木工の低座椅子
生地は、SOU・SOUとのコラボの『間がさね 墨(すみ)』です。

e0353560_15090269.jpg
逆光ですみません。。。

長大作さんの名作・低座椅子と京都のブランドSOU・SOUが
コラボレーション?していると知った時に、即決しました。

+ + +

低座椅子は、私が生まれる前から家にあった椅子。
当時はもちろん有名な椅子とは知らず、
裏返して滑り台にしたり、飛び跳ねたり、
ヒドイ扱いをしてきました。

大きくなって改めて使っていると、
座りやすいし、疲れにくいし、
間取りの変更にも対応するし、
良いなーと思っていました。

でもこれまで購入に至らなかったのは、
ソファの方がなんとなくオサレに見えるし、寝転びたいし…という理由。

SOU・SOUとのコラボを見て、そんな考えは吹き飛びました。
一番有名なSO-SU-U柄が好きだけど、インテリアにはクドイかなと思い、
間がさね 墨(すみ)にしました。
e0353560_16061352.jpg
SO-SU-U柄。


+ + +

SOU・SOUは、京都で学生をしていたときから好きなお店。
マリメッコのデザイナーだった脇阪克二さんのデザインをもとに
展開されているブランドです。

何と言っても、唯一無二なデザインが好き。
テキスタイルの計り売りもしているので、創作意欲がわきます。

+ + +

低座椅子について、またまた上から目線のレビュー。
総合点としては★★★★★(星五つ)!
---
よいところ
・座面の高さ・背もたれの角度がちょうど良い。
・あぐら・膝立て・2つ並べて寝転ぶ等、いろいろな座り方に対応(!?)
・リペア・生地の張り直しが可能。
---
いまいちなところ
・お値段が。。。
・樹種が選べたら嬉しいかも。
---

ふかふかソファが好きな方には合わないかもしれませんが、
椅子の置き方で雰囲気も変えられるし、
住み替えたときにも対応できるし、
オススメです。


にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-19 16:12 |  + 家具 | Comments(0)

【実践リノベーション】リノベーションのまとめ

少ないweb内覧会を終え、
終わったのか!?
リノベーションのまとめを少し。

今後は家具が入った写真は随時UPしていきます(宣言)。
改修してない風呂・トイレ・洗面・キッチンも
内覧会をするかどうか悩み中。

覚書なので、興味がなければスルーしてください。

+ + +

●設計期間:構想6ヶ月・実質2ヶ月
計画案を本腰入れて描き始めたのは、
竣工図が手に入った10月中旬以降。
既存の図面をCAD化して数案考え、
最終案に至ったのは、見積をお願いした1月初旬でした。
(生まれたばかりの娘との格闘も並行しながら…)

●見積期間:4日
自宅に一番近い(!)施工業者に連絡し、現地打合せをしたのが1月初旬。
4日後には見積書が届き、想定より安かったので1社で決定。
公開してしまうと、工事費は百万円代の中盤でした。

●工事期間:2週間
マンションの場合、規約で管理組合に図面を提出し、承認を受ける必要があります。
今回のマンションでは、2週間前までに書類を提出する必要があったので
施工会社にお願いして提出してもらいました。
着工は2月中旬、竣工は少し伸びて3月初旬でした。

以前載せたスケジュールを再掲。
e0353560_14335881.jpg

こんな感じでリノベーションが進んだのでした。

+ + +

いろいろこだわると設計期間が伸びたり、
もっと項目が多ければ見積に時間がかかったりすると思いますが、
ひとつの目安となりました。

+ + +

今までこのブログでは、
家探しからリノベーションまで、長々書いてきました。
これからは実際に住んでいる状態も
書いていきたいなと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-18 16:32 |  + 築20年、55平米のリノベーション | Comments(0)

【実践リノベーション】web内覧会④_壁

web内覧会で壁?と思うかもしれませんが、
まずは別の話題を少し。

+ + +

お盆休み、満喫してきました!
兵庫県の片田舎でのんびり。
夫の実家を拠点に、近場に足を伸ばしました。
義実家はゆっくりできない!という方もいるかもしれませんが、
義両親も義兄弟も良い人たちで、
心底ゆっくりしてきました。
(毎食、ご馳走になってしまったのは反省。毎回そうなのですが…)

娘も9ヶ月ながら、新幹線乗車は9回目(4往復+片道)!!
月1ペースですね 笑。
ついでに飛行機も1往復経験済み。

泣いたらどうしよう!と思いながら、
新幹線はデッキがあるので、なんとでもなりますね。
オムツ変えシートも多いし、多目的室もあるし。
もう少し大きくなってからの方が大変なのでしょうか…。

+ + +

さて、本題のweb内覧会、「壁」。

ちょっとお気に入りの写真を一枚。
e0353560_14305768.jpg
「壁」とは、
リビングとウォークインクローゼットの境目のことでした。
不思議な感じになってますねー。
右と左を合成したみたい。

普段生活していると忘れているのですが、
写真が出てきたので掲載しました。

工事中の写真も1枚。
e0353560_14413116.jpg
照明の色も違うので、まずます合成したみたい。

+ + +

以上、壁のご紹介でした。

内覧会になっていませんが、
悪しからず。



にほんブログ村 住まいブログへ

by sumai12-091 | 2015-08-17 14:42 |  + 築20年、55平米のリノベーション | Comments(0)


リノベーション、住まい方、暮らし等々について備忘録を兼ねて綴っています。最近、ワーママネタはじめました。


by 091

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
●ごあいさつ
●生涯続ける、家づくり
 + 築20年、55平米のリノベーション
 + 理想の家づくり
 + 住まい方を考える
 + 妄創リノベーション
●居心地の良い、部屋づくり
 + 家具
 + 雑貨・道具
 + 収納
 + 飾り付け
●思い立ったら、物づくり
 + 針仕事
 + 木仕事
 + 紙仕事
 + 手仕事
●雑記
 + 時短家事
 + 買物録
 + 街歩き・旅行記
 + 日々のきろく
 + 働くお母さんの日常
未分類

タグ

(55)
(30)
(29)
(24)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月

記事ランキング

ブログ村へのリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログジャンル

建築・プロダクト
子育て